CHOAYO! LBH

fuucho3.exblog.jp Top

体調管理

 
  
 ここのところ だいぶ風も冷たくなってきて

 巷ではアリーナツアーのためにビョンホン界もにわかに騒々しくなってきましたね。

 みなさん 体調管理は大丈夫でしょうか。


 普段風邪もひかない頑丈な私にとって 一年に2回体調をくずすのが 花粉症です。 

 体内に溜まった老廃物を外へ出すのに花粉症はいいきっかけなのだそうで、

 この際 体内浄化と思って 症状が収まるまで我慢しなさい 友人に言われ

 ひたすらアロマテラピーをやったり、梅肉をなめたりと 

 自然療法に励んでなんとか 毎年乗り切っています。

 
 
 こういった民間療法を紐解いていくと 興味深い発見がたくさんあります。


 「瀉血」 ってご存知でしょうか。

 「しゃけつ」と読むんだそうですが、体の中に溜まった悪い血を抜いて

 新しい血を自ら作るよう促すことによって 正常な状態に戻してあげるのだそうです。

 現在でも肝臓病の治療として行われることもあるそうです。

 で、こういった療法はもちろん韓国でも行われているわけで、

 以前私が目撃した お話をひとつ。

 



 以前、知り合いの韓国の方と食事をしたあと、私の友人が食あたり?のような

 状態になってしまいました。

 一度おなかを壊した後も、吐き気と激しい腹痛に襲われ続けたのですが

 上からも下からも出すことができず 悶絶。

 病院に連れて行こうかと思っていたとき、

 その、韓国の方が「針と糸を持って来い!」 というのです。

 この緊急事態に お裁縫? なんてことを思いながら、手渡すと、

 心臓の辺りから腕を通って何度もさすったあと、

 おもむろに糸を数10センチ切り、苦しむ友人の親指に強く巻きつけました。

 だんだん指先が赤紫色になってきたと思ったら、爪の付け根あたりに

 
「ぶすっ!」


 すると どす黒い血が むにゅむにゅと出てきました。

 友人は何事が起こったのかわからない様子で、

 突然の痛みの中どうすることもできず、 出血する指を見たままうなっていました。

 私はこのとき心の中で 

 「ツービートの漫才じゃあるまいし、

 指の痛みでおなかの痛みを忘れるってやつかしら」 (古っ!)

 なんて不謹慎なことを考えていました。 (← どんなやつじゃ)

 当の本人はこの痛みのあと しばらくしてから トイレへ直行。

 ようやく 食べたものを 体外へ出すことができ、本人もやっと少し落ち着き

 一同 ほっとしました。

 
 あとでお話を聞くと やはり悪い血を出すことによって 血液循環をよくするために

 韓国ではよく家庭でやるそうで、携帯用のピストン式注射針のようなものを

 薬局で売っていて お嫁入り道具として 母が娘に持たせてあげたりするそうです。

 日本でも昔はそういった民間療法が行われていたのですって。

 
 いやー、でも実際に目の前で見たときにはさすがに 驚きましたけどね (笑)

 血液の大切さ、 悪い血の怖さを 実感させられた出来事でした。

 
 
 もし 生ビョンホンさんを見て 卒倒しそうになったら 

 周りの方に やってもらっては??

 って 怖くて実際には出来ないと思いますけどね (笑)

 いい血を全身にめぐらせるために 興奮したときこそ 深呼吸を忘れずに!
[PR]
by fu-cho3 | 2007-11-06 20:00 | ひとりごと
line

すっかりLBHに魅せられてしまったfu-choの日記です。


by fu-cho3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite